2-アミノ-2-エチル-1,3-プロパンジオールのラットを用いる単回経口投与毒性試験

Single Dose Oral Toxicity Test of 2-Amino-2-ethyl-1,3-propanediol in Rats

要約

 2-アミノ-2-エチル-1,3-プロパンジオールをCrj:CD (SD)IGS系雌ラットに単回経口投与し,その急性毒性を検討した.投与量は300及び2000 mg/kgとし,それぞれ2回ずつ投与した.

 死亡は,いずれの投与群にも認められず,致死量は2000 mg/kgを上回ると推定された.

 一般状態,体重及び剖検では,いずれの動物にも異常はみられなかった.

方法

1. 被験物質及び被験液の調製

 2-アミノ-2-エチル-1,3-プロパンジオール[東京化成工業(東京),ロット番号HDE01,純度99.4 %]は微黄色透明,粘性の液体(冷暗所)である.なお,投与終了後の残余被験物質を分析した結果,使用期間中は安定であったことが確認された.

 被験物質は,30及び200 mg/mLの濃度となるように注射用水(大塚製薬工場)に希釈して調製した.調製は300 mg/kgの1回目投与の3日前に行い,2000 mg/kgの2回目投与までの6日間遮光瓶に入れて冷蔵,遮光で保存した.なお,被験液は上記条件下で安定であることを確認した.また,投与に使用した被験液について濃度を確認した結果,適正であった.

2. 試験動物及び飼育条件

 7週齢のCrj:CD(SD)IGS系SPFラットを日本チャールス・リバーから購入し,7日間以上検疫・馴化飼育した後,健康な動物を選び8週齢で試験に供した.1群の動物数は1回投与当たり雌3匹とした.投与日の体重範囲は,179〜211 g(平均値:190 g),であった.

 動物は,投与前日に無作為抽出法により選択した.

 動物は,温度23±3℃,相対湿度50±20 %,換気回数1時間当たり10〜15回,照明1日12時間の飼育室で,金属製網ケージに1匹ずつ収容し,固形飼料CRF-1(オリエンタル酵母工業)及び飲料水(水道水)を自由に摂取させた.

3. 投与量及び投与方法

 本被験物質のラットでの致死量に関する情報がないことから,OECD Test Guideline 423に従って,先ず300 mg/kgを投与した.その結果,死亡がみられなかったため,その翌日に改めて300 mg/kg投与した.300 mg/kgの2回目投与でも死亡がみられなかったため,更にその翌日に2000 mg/kgを投与した.2000 mg/kgでも死亡は認められず,その翌日に改めて2000 mg/kgを投与した.投与容量は10 mL/kg体重とし,約16時間絶食させた動物に胃管を用いて1回強制経口投与した.なお,投与後の給餌は投与後4時間に行い,給水は投与に関係なく継続して行った.1回投与当たり3匹使用した.

4. 検査項目

 観察期間は投与後14日とし,投与6時間後までは頻繁に,その後は1日1回,一般状態及び生死の観察を行った.体重は投与直前に測定し,これを投与液量算出の基準にした.更に,投与1,2,3,7,10及び14日後に測定した.全動物は観察期間終了後に,エーテル麻酔下で放血致死させた後,体外表,頭部,胸部及び腹部を含む全身の器官・組織の異常の有無を肉眼的に観察した.

5. 統計解析

 投与量ごとの死亡動物数から概略の致死量を推定した.体重については,投与日ごとに平均体重及び標準偏差を算出した.

試験結果及び考察

1. 致死量

 300及び2000 mg/kgを3匹ずつ2回に分けて計6匹に投与したが,いずれの投与群にも死亡は認められなかった.したがって,致死量は2000 mg/kgを上回ると推定された.

2. 一般状態

 300及び2000 mg/kg投与群のいずれの動物にも異常はみられなかった.

3. 体重

 300及び2000 mg/kg投与群ともに,観察期間を通して順調な体重増加が認められた.

4. 病理学検査

 いずれの動物にも体外表並びに頭部,胸部及び腹部の器官・組織に異常は認められなかった.

 以上のように,2-アミノ-2-エチル-1,3-プロパンジオールの2000 mg/kgをラットに1回投与したとき死亡は認められず,致死量は2000 mg/kgを上回ると推定された.また,一般状態,体重及び剖検所見に異常は認められなかった.

連絡先
試験責任者: 西村信雄
試験担当者: 勝間田豊久,野田 毅
螢椒哨螢機璽船札鵐拭叱翕他豸Φ羹
〒412-0039 静岡県御殿場市かまど1284
Tel 0550-82-2000 Fax 0550-82-2379

Correspondence
Authors: Nobuo Nishimura(Study director)
Toyohisa Katsumata, Takeshi Noda
Gotemba Laboratory, Bozo Research Center Inc,
1284, Kamado, Gotemba-shi, Shizuoka, 412-0039, Japan
Tel +81-550-82-2000 Fax +81-550-82-2379